wordpressのDBレコードをAWS S3にバックアップする

これまでもwordpressのプラグイン(BackWPup)を使用して本体とは別ディスクにバックアップを取っていたのですが、実際サーバが破損してしまっては復旧ができないので、AWS上にコールドスタンバイのバックアップサーバを作れないかを考えていきます。

その先駆けとして、まずはバックアップをS3に取れるように設定します。

S3にアクセスしてバケットを追加する


名前は任意で、リージョンは早さを気にしなければどこでも良いと思います。
次以降はほとんどデフォルトでOKです。暗号化の設定はデフォルト暗号化にしても良いですが、BackWPupからの指定でもできます。
一通り設定すれば、S3バケットが完成します。

IAMでS3にアクセスするユーザを作成する

次に、wordpressからS3へ格納するためのユーザを作成して、APIキーを取得します。
IAMの管理画面からユーザを追加

権限の設定で既存ポリシーからAmazonS3FullAccessをアタッチします。

設定を進めると、アクセスキーとシークレットキーが表示されるので、忘れずに控えましょう。シークレットキーは一度失うとユーザを作り直すしかなくなります。

wordpressでバックアップを設定する

wordpressからBackWPupに進んでバックアップのジョブを追加します。S3でデフォルト暗号化しなかった場合は、ここでServerSideEncryptionにチェックしておくと良いでしょう。
バックアップの保存方法にS3を指定します。

一旦ジョブを保存して再度開くと、S3のタブが出てきますので、先ほど作成したユーザのAPIキーを入れると、バケットも選択可能になります。

スケジュール設定はお好みで。

即時で実行してS3に格納されたことを格納します。

S3に格納するまでは簡単ですね。次はこれをリストアする事を考えていきます。

面倒なのはリストアの方ですよね。私は仕事柄方式を考えたり、実装しなければいけないのでスキル研鑽のためにこういう事をやっていますが、エンジニアではないブログライターの方や、コンテンツ配信が主となるwebサービスのサーバの場合は、このような自前バックアップを使用するよりも、オンラインバックアップサービスのtoroccaを使用することをお勧めします。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする