録画ソフトとPT3ドライバをインストールする

必要なパッケージ導入前に、OSがpt3を認識しているかを確認する。

$ lspci

下のような行が出れば認識している。
Multimedia controller: Altera Corporation Device 4c15 (rev 01)

録画を担当するrecpt1コマンドをインストールする。

# cd /tmp
# git clone https://github.com/stz2012/recpt1.git stz_recpt1
# cd stz_recpt1/recpt1
# ./autogen.sh
# ./configure -enable-b25
# make
# make install


続けて、PT3のインストール方法を紹介する。

# echo “blacklist earth-pt1” >> /etc/modprobe.d/blacklist.conf
# git clone https://github.com/m-tsudo/pt3.git
# cd pt3
# yum install -y kernel-devel-`uname -r`
# make
# make install


録画を確認する。

# recpt1 –b25 –strip 27 10 /tmp/test.ts


うまくいった場合は、<Ctrl-C>で抜ける。ここで出力したtest.tsはtsファイルを再生可能な映像ソフトで視聴可能になっている。
ライブラリエラーが出る場合は、必要な動的ライブラリのリンクを設定する。私の環境では、下のようなエラーが出た。
recpt1: error while loading shared libraries: libarib25.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory

# ldd /usr/local/bin/recpt1 →libarib25.so.0がnot found。
# find /usr/ -name libarib25.so.0* →libarib25.so.0の所在を確認すると/usr/local/lib配下に存在した。
# echo "/usr/local/lib" >> /etc/ld.so.conf
# ldconfig
# ldd /usr/local/bin/recpt1 →not foundでなくなる


サーバを再起動後、pt3が認識されているか確認する。

# ls -la /dev/pt* | grep video
crw-rw-rw- 1 root video 246, 0 10月 7 15:32 2014 /dev/pt3video0
crw-rw-rw- 1 root video 246, 1 10月 7 15:32 2014 /dev/pt3video1
crw-rw-rw- 1 root video 246, 2 10月 7 15:32 2014 /dev/pt3video2
crw-rw-rw- 1 root video 246, 3 10月 7 15:32 2014 /dev/pt3video3


epgrecをインストールし、地デジ録画環境を整える へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする