epgrecをインストールし、地デジ録画環境を整える

録画をブラウザから簡単に行うために、epgrecを導入する。
epgrecについては、こちらをどうぞ。
なお、httpdは導入済みの前提で進めている。

まずは、epgdumpr2をインストールする。
ここからepgdumpr2_20111001.tar.gzをダウンロードしてくる。ここでは/tmpに格納した前提で進める。

# cd /tmp
# tar zxvf epgdumpr2_20111001.tar.gz
# cd epgdumpr2
# make clean
# make
# cp epgdump /usr/local/bin
# yum -y install at ←念のため。インストール済みなら不要
# chkconfig atd on
# service atd start


mysqlをインストールする。

# yum install mysql-server ※
# service mysqld start
# chkconfig mysqld on
# mysql
mysql> grant all privileges on PT3.* to ユーザ名@localhost identified by 'パスワード'
mysql> exit
# mysql -u ユーザ名 -p
# create database PT3;


epgrecをインストールし、権限設定を行う。

# usermod -s /bin/bash apache ←apacheがデフォルトでbashを使うように
# cd /var/www ←自分のhttpdの環境に合わせる
# git clone git://git.sourceforge.jp/gitroot/epgrec/epgrec.git
# yum -y install php php-cli php-sql php-mysql php-mbstring php-process
# chown -R apache:apache epgrec/
# cd epgrec
# mv do-record.sh.pt1 do-record.sh
# chmod 777 cache templates_c video thumbs settings
# chmod 755 do-record.sh getepg.php* gen-thumbnail.sh
# mv config.php.sample config.php
# vi config.php ←地域毎に設定が必要


なお、東京の場合は基本変更が必要ないが、東京MXのチャンネルが古いままなので、GR20の行をGR16に修正する。
“GR16” => “16”, // MX TV

httpdの設定を追加する。LoadModuleはよくわからなかったので、参考サイト様と同様の設定にしてしまった。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
ServerName 192.168.11.15:80 ←自分の環境に合わせる
DocumentRoot "/var/www"
<Directory "/var/www/epgrec">
AllowOverride None
Options FollowSymLinks
Order allow,deny
Allow from all
AllowOverride All
</Directory>
LoadModule auth_digest_module modules/mod_auth_digest.so
LoadModule authn_file_module modules/mod_authn_file.so
LoadModule authz_host_module modules/mod_authz_host.so
LoadModule include_module modules/mod_include.so
LoadModule log_config_module modules/mod_log_config.so
LoadModule logio_module modules/mod_logio.so
LoadModule env_module modules/mod_env.so
LoadModule mime_magic_module modules/mod_mime_magic.so
LoadModule deflate_module modules/mod_deflate.so
LoadModule setenvif_module modules/mod_setenvif.so
LoadModule mime_module modules/mod_mime.so
LoadModule dav_module modules/mod_dav.so
LoadModule negotiation_module modules/mod_negotiation.so
LoadModule dir_module modules/mod_dir.so
LoadModule actions_module modules/mod_actions.so
LoadModule speling_module modules/mod_speling.so
LoadModule cache_module modules/mod_cache.so
LoadModule suexec_module modules/mod_suexec.so
LoadModule disk_cache_module modules/mod_disk_cache.so
LoadModule cgi_module modules/mod_cgi.so
LoadModule php5_module modules/libphp5.so


httpdを再起動する。

service httpd restart


※CentOS7の場合は、DBサーバmysqlではなく、mariadbというものらしい。CentOS7でmysqlをインストールする場合は、インストール前に以下のコマンドを実行する。その場合、maradbがmysqlに置換される。

# yum -y install https://dev.mysql.com/get/mysql-community-release-el7-5.noarch.rpm

情報はこちらから頂いた。

eqgrecの初期設定を行う へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする